猛虎落地勢(#^ω^)

juventus00.exblog.jp

Roar, my youth!!!!
Skypeボタン
最新の記事
最新のコメント
re)しもいシモさん ..
by juventus00 at 11:59
トランプを「ちんこ」、フ..
by shimo at 17:20
Re)フジスタルスカルの..
by juventus00 at 16:05
これは猛虎落地勢史に残る..
by すたーふじーず at 12:43
re)きーちっち ピザ..
by juventus00 at 20:50
すしと宅配ピザはリベンジ..
by きーち at 02:50
kawasaki パルサ..
by juventus00 at 21:59
オフ車とモタードとSSと..
by おすぷれい at 11:17
re)峰フィジコさん ..
by juventus00 at 00:51
さすが世界の襦袢とす
by ふじ at 01:47
re)おすぷさん ..
by juventus00 at 00:56
そうやってちょっとずつ乗..
by おすぷれ at 14:41
リンク
以前の記事
ブログパーツ
検索
記事ランキング
画像一覧

<   2016年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

DOUBT

ミルキィホームズについて調べてたらたまたま記事を見つけたのですが、フェイランさんが活動休止するらしい。名前のややこしい病気で長期休養。ファンといえるほど沢山曲を知っているわけでもなく、いつのまにか芸名がfaylanになってたことすら忘れていたくらいなのですが、小生この世のアニソンは全てフェイラン様が歌えばいいと常々思っております。いやほんまに。はよ病気治れ。
[PR]
by juventus00 | 2016-01-29 01:31 | Comments(0)

steamマシン

10社以上あるんかいな。デザインだけ見てると個人的にはzotacとエイアリアンウェアのやつがかっこいいかなぁ。結局良いモデル買おうとすると10万以上かかるみたいだし、それならもうちょい金貯めてパソコン買った方が利便性高そうだと考えてしまう。開発者の人が「リビングルームでPCゲームが出来る」と言っていた。自分の部屋でじっくりやりたいようなゲームしか遊んでねぇぞ!

でもsteamのセールはソフトが異常に安くなるし、オンラインも月額500円いらないし結構メリットも大きそう。日本での発売あるのかな。
[PR]
by juventus00 | 2016-01-26 12:13 | Comments(0)

高校のクラスメイトであったS君は酷い虚言癖があった。「芸能人の知り合いがいる」「彼女が何人もいた」とかその類である。彼はそれほど嫌われていたわけではなかったが、やはり信用できない男として扱われていた。

ある日の朝休み、私は便所にいた。後はケツを拭くだけだったのに紙が無かった。トイレの中で携帯電話を使うことに抵抗があったが、仕方ないので紙を外から放り込んでくれるように誰かに救援要請することにした。しかし「紙が無いので放り込んでください」、こんなメールを送るのはかなり恥ずかしい。問題はこのメールを誰に送るかである。そこそこ仲が良い奴等に送るのは何だかものすごく嫌だった。からかわれるのはいいのだが、皆良い人なので普通に「ドンマイ」とか言って持ってきてくれるんだろうなぁ、それは嫌だ。
ふと、S君がいつも携帯をいじくっていることを思い出した。私の第六感がS君に送れと言っていた。返信はなかった。1分ほどして彼は「ホイwww」と紙を投げ込んでくれた。助かった。適当な態度に救われた。1時限目にも間に合った。そして彼は嘘の自分語りはしても、人のウンコ事情を言いふらすことはなかった。いやまぁ別に言いふらされてもいいんですけど。

どうやら彼は自分と同じ大学に通っていたようだが調べてみると1年前に退学していた。人口の多い大学だったのに中学高校の知り合いが1人もいないなぁと考えていたら彼奴がいた。今日もどこかでホラを吹いているだろうか。いつか借りを返したいものである。
[PR]
by juventus00 | 2016-01-25 00:48 | Comments(0)

ゆるゆり14巻

京子「ウンコ食わされるのかと思ったよ」

ウンコのスタンプを保存しているあかり

ウンコウンコウンコウンコ
[PR]
by juventus00 | 2016-01-22 11:55 | Comments(0)

「ガラスの花と壊す世界」を見た(感想)

【若干ネタバレ有】

オリジナルの劇場版アニメでキービジュアルに惹かれるともうそれは見に行くしかないよね!
e0206118_14303723.png

ということで平日朝一で映画館に行ったら自分しか客がおらずシアター貸切状態でした。チケット発券機がぶっ壊れてて1500円なのに500円玉を4枚(2000円)飲まれて不機嫌になってたら係員の人がシアター内まで500円を返しに来てくれました。私の次にチケット発券した人が1000円しか入れてないのに発券できたことをわざわざ申し出てくれたようで、調べてみると私の入れた500円が1枚認識されておらず次の人の分に加算されていました。チケット番号をわざわざ調べて返しに来てくれた係員の方も、1000円で買えたことを申し出てくれた方も良い人過ぎるんだよなぁ。この世界も捨てたもんじゃないよ。そんな素晴らしい現実世界なわけですが、このアニメでは世界が滅ぼうとしておりました(唐突)
「世界5分前説」と「マトリックス」が混ざったような世界観でした。マトリックスと違う点は現実世界の人間がプラグで接続されて眠っているわけではなく普通に生活している点ですね。地球環境を守るために「マザー」というプログラムをつくったら美しい地球のためには今の人間が邪魔だと判断されました。面白いのがよくある「プログラムが人間を滅ぼそうとして暴走」という展開とは少し違って、マザーは完璧な人間を作るために世界の綺麗な部分だけを集めようとして色んな時代の人間や世界を丸ごとバックアップデータとして「知識の箱」と呼ばれるHDDみたいな場所に保存していくのです。いや何を言っているのか分からないと思いますが私も完璧にこの話を理解できたわけではないです。多重世界というか、RPGで同じ主人公で複数のセーブデータを作るようなイメージです。
HDDに保存された世界の中にはウイルスが湧くらしく、そのウイルスを退治するのがデュアルとドロシーという2つのアンチウイルスソフトウェアです。デュアルはおそらくラブライブの園田海未と同一人物です。2人は人間の姿をしているものの現実世界の人間によって開発されたプログラムに過ぎず、「美味しい」「楽しい」とか人の感情はよくわからないそうです。その割には楽しそうな生活してたなおい。知識の箱に保存されているのはバックアップデータであると同時に現実世界そのもので、これを解凍することにより2人は現実世界に具現化することができます。マトリックスでいうまさにエージェントですね。マトリックスと違うのは具現化の過程で2人は誰かの娘だったり、親友だったり、その世界の中の人間関係に組み込まれるという点です。その世界がウイルスに浸食されていると分かれば、世界を丸ごと削除しなければならず、家族や友人との別れで2人は心を痛めることになります。悲しみという感情の芽生えたのでしょうか。
2人はある日、知識の箱の第二階層という場所で「リモ」という少女と出会います。リモはキービジュアルにもなっている白い女の子ですね。カワイイヤッター!記憶をなくしているらしく、それを思い出すためにデュアルとドロシーと一緒に色んな世界を旅します。ある時は日本女子高生だったり、エジプトの砂漠の民だったり、パリジェンヌだったり、中東の戦禍を目にしたり、このあたりのシーンはBGMだけでセリフが無くダイジェストっぽいです。ドロシー、デュアル、リモの3人は生活を共にし仲良く旅を続けます。というか戦争の時以外は基本遊んでるだけです。
なんやかんやの末、リモは記憶を取り戻し自らの正体を思い出します。ドロシーとデュアルは自分たちの存在意義と使命を知ることになり物語はラストへ向かいます。あまり言うと完全なネタバレになってしまうし、なにより説明が面倒くさいのですが、ハッピーエンドとは言えないんじゃないかな。切ない感じ。

やはり後半の展開がややこしいし分かりづらかったです。67分という短い上映時間なので難しいですがもう少し後半を丁寧にして欲しかったかなぁというのが正直な感想。あと複雑な設定は面白くて好きなのですが、割に抽象的な表現が多くてモヤモヤしますね。「完璧な人間」「綺麗なもの」というのもよく分からない。劇中では「ガラスの花」が「綺麗なもの」だとされていましたが。あと「ウイルス」は結局何なのか。単にマザーが生み出したエラーやバグなのでしょうか。
殆どが知識の箱での話で、滅亡寸前の現実世界の人類は少ししか出てきません。「俺たち滅ぶのかな」「滅亡に立ち会うとはな」とか申し訳程度にセリフだけ出てきます。ドロシーやデュアルを作ってるのもコイツ等のはずなんですがあまりにも存在感ねぇな。現実世界は少子化と技術進歩によって人間の意欲が低下してしまい滅びかかっているそうです。機械やプログラムに攻撃されているというわけではなく勝手に自分たちで滅びかかっているという設定は妙にリアルで良いですね。もう少し現実世界の人間の状況というか行く末を見たかったかな。

声優さんの演技は皆上手いし、キャラクターも素敵で、音楽もかわいい。文句はない。文句はないが。

余談ですがアメリカの公開タイトルは「ガラコワ」だそうです。ガラコワ。ガラコワ。
[PR]
by juventus00 | 2016-01-21 16:27 | Comments(0)

キー2倍期間のブラックオプス

試合で貰える暗号キーが2倍になる期間だそうです。
早速ガチャガチャやってたら1番欲しかったものが出ました。KN-44のトランスグレッション?迷彩。
e0206118_21462641.jpg

シンプルな黒塗りに赤色のラインがウニョウニョ動いてる迷彩です。レジェンダリーではないのでそこまでレアというわけでもないようですが、他の武器だとハンドガンのMK6しか持ってません。でもハンドガンはあまり使いませんし、使用頻度が高い武器のかっこいい迷彩が出たのは初めてかな。

ハンテッドのチームデスマッチの動画を撮りました。タングステンええぞー。
ARは見た目の好みでHVK-30とXR2を主に使っていたのですが、やっぱりKN-44が一番使いやすくて優秀な気がします。アイアンサイトも狙いやすいし。リロードのモーションも性能もBO2のAN-92に似ていますね。最初の頃はHVKもKN-44もブレが大きくて難しかったのですが、アプデでAR全般強くなったので初心者の自分でもなんとか遠距離当てられることが増えました。
[PR]
by juventus00 | 2016-01-19 22:08 | Comments(0)

旅行とは

この時期の大学4回生は卒業旅行に行く人が多い。ゼミに行ったら毎回お土産をたくさん貰う。そのうち9割は箱に入っているお菓子を皆に1つずつ配るような形式である。饅頭とかクッキーである。よくよく考えてみると結構かさばるであろう大きな菓子箱を遠方から持ち帰ってきたと思うと申し訳ない気持ちになる。大半が女子であるがやはり律儀である。そういえば自分は旅行に行っても身内にすらお土産を買ったことがない。お土産買うくらいなら近所の高級スーパーでいつもより高価な惣菜を買って帰る。
貰えること自体はすごく嬉しいのですが、あのお土産配っている時の微妙な空気はなんとかならないものでしょうか。「へー。フランスのクッキーなんやー。おいしー。」言うて。あと自分は絶対お返ししないのでやはり妙な罪悪感が芽生える。
いいから卒業旅行に俺も誘えよ。車の運転するから。安全運転ロボットと化すから。
[PR]
by juventus00 | 2016-01-19 01:49 | Comments(0)

傷物語 鉄血編を見た

3部作に分けたことが不評みたいですが、いざ見てみるとちょうど良い長さのような気もする。気がするだけ。延期したこともあってか流石にクオリティが高かった。TVアニメ版でも毎回ものすごく綺麗なのに、それが100倍くらい凄くなった感じでしょうか。あとゴア表現とかは劇場版だからできるんだろうな。

「外人ウケよさそうだな」というフワッとした感想が浮かびましたが、かといってあまり内容知らずに見に行くと物足りないような。まぁファンしか見に来ないか。
忍とアララギ君が出会った時の物語なので時系列的には一番昔なのかな。羽川と友達になるのもこの話です。羽川と友達になって、忍を助けて、吸血鬼ハンターをやっつけるぞ!言うて、忍野メメがアメコミのヒーローばりの登場をして、これからどうしようかみたいな話をしたところで終わりです。キリは良いけどやっぱり短いですね。もう少し長く見ていたかった。メメの登場、忍との邂逅、羽川のくだり、やはりこの3シーンが見どころでしょうか。特にメメの登場シーンがイケメンすぎてワロタ。他のアニメでもこういうのやってほしい。

上映時間が短いからか、こっちの映画館では大学生だけでなく一般料金も1500円でした。アニメ見てた勢は是非見に行きましょう。
[PR]
by juventus00 | 2016-01-14 21:51 | Comments(0)

スターウォーズ エピソード7を見た

【主に感想・ネタバレ多め】
2Dの字幕版を見ました。祝日でしたが当日予約で良い席がとれた。てか人が少なかった。そろそろほとぼりが冷めてきたのか過疎地域なのか多分両方。

エピソード6から数十年経っている世界で、レイア姫やハンソロは反乱軍レジスタンスの将校になっていて良い具合にジジババと化しました。レイア姫は美人になりました。懐かしのキャラ、お馴染みのキャラが沢山出てきます。惑星ジャクーでジャンク品集めで生計を立てている少女レイが主人公です(可愛い)。想像ですがレイはフォースも使えるしルークの娘なのでしょうか。惑星ジャクーは砂漠で覆われた星でタトゥイーンとよく似ていますが違う星のようです。
エピソード6で銀河系に平和が訪れたように見えましたが、なんだかんだで残党がいるらしく、各惑星の雰囲気も大して変わってない感じ。「ファーストオーダー」というのが今回のダークサイドの組織です。ファーストオーダーのボスはスノークというハリーポッターのウォルデモート卿によく似た大きめのオッサンなのですが、コイツがどういう立場でどういう人間なのかは現時点では不明、シディアスやベイダーと関連性あるのでしょうか。誰やねん。
序盤の戦いではストームトルーパーが仲間が死んで困惑していたり、悪者側からもしっかり描かれているんだなぁと感慨にふけっていたらストームトルーパーの中の人がメインキャラでした。「殺しだけを教えられてきた」という割に見るからに優しそうな黒人男性フィン。「悪の組織ってやっぱ糞だわ」そんなことを言って組織を裏切ります。ポーとフィンがタイファイターを繰ってトラクタービームを脱出するシーンが迫力満点で素晴らしい。もうこの時点で映画見にきて良かったなと思いました。今回の戦闘機が登場するシーンすべてに言えるのですが迫力が凄い。エピソード1~3はライトセーバーの剣戟アクションがとても洗練されていたので、ライトセーバー戦を楽しみにしていた私は剣戟要素が無いと聞いて少しガッカリしていたのですが、その分戦闘機のCGシーンが多くて最高でした。歩兵視点から見上げるような場面も多くてタイファイターやXウィングの大きさと強さが伝わってきました。3Dや4Dでもう1回見に行きたいと思える出来でした。

楽しめたしストーリーに不満なんて無いのですが、今のところエピソード4と全く一緒の流れじゃないか。カイロレンは「光の誘惑に負けそう・・・」とか「もう一度闇の力を教えて」とか口走っているのでどっちつかずの存在として葛藤するキャラなのでしょうね。カイロレンがキーとなってストーリーを意外性のある方向に導いてくれると期待したい。でも正直カイロレンの俳優さんの良い人感が強くて悪役としてはあまり魅力を感じない。誕生日プレゼントとか貰ったら普通に喜びそうな顔してる。レイに簡単にボコボコにされるし、気に入らないことがあるたびに癇癪おこしてライトセーバー振り回して部下にドン引きされるし、よく言う「人間味があって良い」とかそういう次元じゃないような。

あからさまに続きが気になる終わらせ方をしてたが次は何年後なんだ。


【細けぇ話】
・カイロレンの本名の「ベン」はやはりオビ=ワンの偽名から来ているのか。
・巨大レーザーで破壊されていた惑星の中にコルサントがあったけど、かつてジェダイ評議会が拠点を置いていたエピソード1~3のメインとも言える惑星が無くなってしまったのは悲しい。
・レイが振るってたライトセーバーがかつてアナキンがオビワンと対決した時に使っていたものだと考えると歴史を感じる。
・フィンとレイは恋愛感情があるのか。
・R2-D2とBB-8の仲良し路線。BBユニットはR2ユニットよりかなり小さいけどXウィングにはちゃんと乗れるんですね。
・ダースベイダーの髑髏はどこで手に入れたのか。
[PR]
by juventus00 | 2016-01-11 17:48 | Comments(0)

クルルァ

新型ロードスターの電動ハードトップが出るとか出ないとか。これ目標に仕事しようかとボンヤリ考えつつ、ふと冷静になればとにかく置き場所が無い。「月極駐車場の月額料金が高すぎる!」という文句を言いたいのではなくて、そもそも月極駐車場が家の近くにないのである。ググってみると徒歩10分くらいのところにチラホラあると言えばある。でも屋根も無いし何より10分も歩きたくない。奈良県の友達は今年働き始めたらインプレッサスポーツを買う予定だそうで、「田舎は土地があるから家に車が5台ある。家族全員分ある。」と言っていた。そんなもんなんですかねぇ。
家のガレージは原付カブとコンパクトカー1台で満タンなのでどうにもならないわけですが、やはり金銭的にも土地事情的にもクルマはしばらく諦めるしかないのかもしれない。
バイクはねぇ・・・寒いもん・・・・欲しいけども。
[PR]
by juventus00 | 2016-01-10 21:33 | Comments(0)